この秋、龍谷ミュージアムでは特別展「日本の素朴絵」を開催します。本展覧会では、これまで本格的に取り上げられることのなかった、さまざまな時代・形式の素朴絵を紹介することで、名人の技巧や刻まれた歴史に唸るだけではない、新しい美術の楽しみ方をご提供します。
 日本では昔から、様々な形式の作品にゆるやかなタッチでおおらかに描かれた絵が残っています。それらは「うまい・へた」の物差しでははかることのできない、なんとも不思議な味わいを持っており、見る人を虜にするのです。
 本展覧会では、ゆるくとぼけた味わいのある表現で描かれたこのような絵画を「素朴絵」と表現します。とは言っても西洋絵画の「素朴派」とは異なり、「リアリズムを目指す表現の人為的・技巧主義的なものを超越した」という意味を含んでいます。
 この講座では日本美術にみえる様々な素朴な表現について、わかりやすく解説します。