シリーズ展では、インドで誕生した仏教がアジア全域に広まり、日本に至り日本社会に根付く約2500年の歩みを、大きく「アジアの仏教」と「日本の仏教」に分けて通観しています。今回の特集展示では、「仏教説話に登場する獣」や「ほとけや神が従える獣」を取り上げます。仏教聖典には、仏教の思想とそれが説かれた場面がさまざまに伝えられ、その豊かな世界観は、彫刻や絵画をはじめとした美術作品として表されています。普段は仏や菩薩の美しい造形に目を奪われますが、今回は少し視点をずらして、ひっそり?とほとけや神々に寄り添う獣たちを観察してみませんか?