歴史

オンデマンド
【この講座の受付は終了しました】
関ヶ原合戦の真相 -慶長5年9月15日に何が起きたか?-

講座概要

最近、関ケ原合戦の研究は、飛躍的に進んでいます。合戦に至る経緯はもとより、合戦当日の状況について、より正確な史料に基づき、様々検証がなされています。その中で、合戦の主戦場は「関ケ原」ではなく、その西の「山中」であるとの説が発表されています。関ケ原合戦は、どこでどのように展開したのか、改めて史料を読み直し、その真相に迫ります。

◆◇◆紹介動画はこちら◆◇◆
講座No.OL-21028
日時
2021.10.29(金) ~ 2021.11.28(日)
受講対象
一般
エリア
その他
会場
オンライン(約60分)
講座回数
1回
定員
100人
受講料※税込
  • 一人 1,320円
募集状況
募集終了
  • 開催形式
    オンデマンド

講 師

太田 浩司

長浜市 市民協働部 学芸専門監

日本中世・近世を専攻。特に、戦国大名浅井氏の領国経営をはじめ、北近江の戦国史について研究を行ってきた。また、2008年の特別展「浅井氏と北近江」など、数多くの戦国関係の展覧会も企画する。著書に『近江が生んだ知将 石田三成』(サンライズ出版)などがある。2011年NHK大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』には、時代考証スタッフとして参加した。
2018年4月より現職。

テキスト

配布資料有り(受講用URL送信メールに配布資料をダウンロードいただけるURLを記載しています。)
講座No.OL-21028
日時
2021.10.29(金) ~ 2021.11.28(日)
受講対象
一般
エリア
その他
会場
オンライン(約60分)
講座回数
1回
定員
100人
受講料※税込
  • 一人 1,320円
募集状況
募集終了
  • 開催形式
    オンデマンド

PAGE TOP BACK TO INDEX