歴史

オンデマンド
【この講座の受付は終了しました】
古文書で読む街道と宿場 -草津宿本陣の雲州御用-

講座概要

江戸時代の宿場において大名などの休泊に供された本陣。草津宿には2軒の本陣がありましたが、そのうち現存する田中七左衛門本陣は、出雲国松江藩松平家のお定め本陣を勤めていました。また、松江藩では江戸と国元を結ぶ大名飛脚の取次処を7里ごとに設けていましたが、草津では七左衛門本陣がその取次を担っていました。これらに関する古文書を実際に読みながら、雲州御用の取次所としての様相を探っていきます。

◆◇◆紹介動画はこちら◆◇◆
講座No.OL-21037
日時
2021.11.26(金) ~ 2021.12.26(日)
受講対象
一般
エリア
その他
会場
オンライン(約60分)
講座回数
1回
定員
100人
受講料※税込
  • 一人 1,320円
募集状況
募集終了
  • 開催形式
    オンデマンド

講 師

八杉 淳

草津市立草津宿街道交流館館長 兼史跡草津宿本陣館長

近世交通史専攻。近世の街道や宿場、旅の実際などをテーマに研究。著書に『近江の宿場町』(サンライズ出版)・『宿場春秋~草津宿史話』(角川書店)・『古地図で楽しむ近江』(共著 風媒社)など

テキスト

配布資料有り(受講用URL送信メールに配布資料をダウンロードいただけるURLを記載しています。)
講座No.OL-21037
日時
2021.11.26(金) ~ 2021.12.26(日)
受講対象
一般
エリア
その他
会場
オンライン(約60分)
講座回数
1回
定員
100人
受講料※税込
  • 一人 1,320円
募集状況
募集終了
  • 開催形式
    オンデマンド

PAGE TOP BACK TO INDEX