歴史

オンデマンド
【この講座の受付は終了しました】
【再配信】二条城と京都の近代 ー離宮時代を中心にー

講座概要

【本講座は過去に配信した講座を再配信するものです】

多くの市民や観光客に親しまれている世界遺産・二条城は、明治から戦前期にかけての半世紀あまりのあいだ、離宮として整備され、その機能を果たしていました。
では、「二条離宮」とはいったいどのような場所だったのでしょうか?
当時の工事記録などの歴史資料をひもときつつ、京都の近代史や他の皇室関連施設との比較をつうじて、知られざるその一面にスポットライトを当ててみたいと思います。

◆◇◆紹介動画はこちら◆◇◆
講座No.OL-22010-2
日時
2022.12.27(火) ~ 2023.01.29(日)
受講対象
一般
エリア
その他
会場
オンライン(約60分)
講座回数
1回
定員
100人
受講料※税込
  • 一人 1,320円
募集状況
募集終了
  • 開催形式
    オンデマンド

講 師

小田 龍哉

同志社大学非常勤講師

専門は文化評論・近現代日本思想史。博士(文化史学)。
著書に『ニニフニ 南方熊楠と土宜法龍の複数論理思考』など。

テキスト

配布資料有り(受講用URL送信メールに配布資料をダウンロードいただけるURLを記載しています。)
講座No.OL-22010-2
日時
2022.12.27(火) ~ 2023.01.29(日)
受講対象
一般
エリア
その他
会場
オンライン(約60分)
講座回数
1回
定員
100人
受講料※税込
  • 一人 1,320円
募集状況
募集終了
  • 開催形式
    オンデマンド

PAGE TOP BACK TO INDEX