ご利用案内
TOP>> はじめての方へ>> 2017年度後期 RECコミュニティカレッジ特別講演会

2017年度後期 RECコミュニティカレッジ特別講演会


 薬師寺は、天武天皇9年(680年)、天武天皇の発願により、飛鳥の藤原京の地に造営が開始され、平城遷都後の8世紀初めに現在地の西ノ京に移転したものである。本尊は薬師如来、開基(創立者)は天武天皇、道昭、義淵であり、1998年に「古都奈良の文化財」の一部として、ユネスコより世界遺産に登録され世界中の注目を集めています。
 薬師寺には国宝、重要文化財に指定された多くの仏様がお祀りされております。今回の講演会では薬師寺の仏様の魅力を中心にお話いたします。  

 本講座では、薬師寺の歴史を学びながら国宝とされる仏様や建築物など仏教美術に焦点をあててわかりやすく解説します。また、薬師寺の魅力をより体感していただくため、薬師寺の声明やお写経などにも触れながら講座を進めていきます。なお、最終回には実際に薬師寺に訪れていただき、座学では味わうことができない魅力を体感していただきます。