ご利用案内
TOP>> はじめての方へ>> 京都信用保証協会提供 龍谷講座/伏見連続講座

京都信用保証協会提供 龍谷講座/伏見連続講座


申込受付:(先着順)電話又は こちらからお申込みください。

 日本の企業は382万社あり、そのうち中小企業は380万9,000社、実に99.7%を占めており、全従業員4,794万人のうち、中小企業に従事している従業員は3,361万人、70.1%となっています。中小企業は、その技術・サービスにより日本経済のサプライチェーンを構成し、また雇用やコミュニティの維持という形で地域経済を支え、ひいては日本経済を支える重要な存在です。中小企業が増加して、元気になっていくことが、地方創生・地域活性化に繋がっていきます。その中小企業が、経営者の高齢化と経営者難から、事業承継という問題に直面しています。2025年には6割以上の経営者の年齢が70歳を超えますが、経済産業省の分析では127万社が後継者不在の状態にあり、まさに大廃業時代を迎えようとしています。優良企業の伝承に向けて事業承継を急がないと、地域の衰退とともに日本の産業基盤は劣化していきます。事業承継には、どのような課題があり、その課題を、どのようにして克服して、中小企業が持続発展に向けた成長に挑戦しているかを、事例を交えて説明していきます。

 伏見には古くから水の文化があり産業があります。地下水、疎水、運河等々、伏見が水と生きてきた歴史をお話します。

 伏見稲荷大社には多くの野生動物たちが暮らしています。夜の神社を歩きながらムササビなどの野生動物を観察します。