ご利用案内
TOP>> はじめての方へ>> 休講について

休講について


1.自然災害又は交通機関の不通に対する休講の基準は「1 自然災害に対する安全確保のための基準」及び「2 交通機関の不通に対する基準」のとおりです。
 この基準により休講となる場合、 RECから受講者へ個別に連絡はいたしません(以下「3 注意事項」参照)。ご不明な点はRECまでお問い合わせください。
2.講師の急病や急用により、やむを得ず講座を休講する場合があります。講師から連絡があり次第、受講者に電話でお知らせします。
3.休講の場合は原則補講を行うこととし、受講料の返金はしません。但し、補講の実施が困難な場合、または事前に、やむを得ず補講日を欠席される旨のご連絡をいただいた場合のみ、該当回数分の受講料を銀行振込みにて返金します。
4.休講・補講で発生した交通費等の賠償はしません。


1 自然災害に対する安全確保のための基準

以下の1、2又は3のうちいずれかに該当する場合は休講措置を取ります。


1 台風等による気象警報の発令

台風等による気象警報の発令

2 地震の発生

地震の発生

3 土砂災害及び水害等による避難情報の発表

土砂災害及び水害等による避難情報の発表

【講座の実施について】

上記1 (気象警報の発令)又は3(避難情報の発表)の休講の基準は下記のとおりとします。
① 午前6時30分から(6時30分を含む、以下同じ)午前10時30分前まで(10時30分を含まない、以下同じ)の間に避難情報が発表されている場合、1・2講時の授業等は休講とします。
② 午前10時30分から(10時30分を含む、以下同じ)午後2時00分(2時00分を含まない、以下同じ)の間に 避難情報が発表されている場合、3~5講時の授業等は休講とします。
③ 午後2時00分以降(2時00分を含む、以下同じ)、避難情報が発表されている場合、6・7講時の授業等は休講とします。
④ 授業等の時間中に避難情報が発表された場合、災害の状況等を考慮の上、学長が休講の実施時刻を判断します。

上記2 (地震発生)の休講基準については以下のとおりとします。
① 地震発生の当日は、全日休講とします。
② 地震発生の翌日以降は、震災の状況等を考慮の上、学長が授業等の実施の有無を判断します。
③ 授業等の時間中に地震が発生した場合、即時、休講とします。



2 交通機関の不通に対する基準

以下の場合は休講措置を取ります。(各交通機関に定める区間は、全面的又は部分的を問いません。)ただし、一時的な「運転見合わせ」は休講の対象としません。


1

【深草・大宮キャンパス】

2

【瀬田キャンパス】

3

【大阪梅田キャンパス】

【講座の実施について】

上記1又は2の休講の基準は下記のとおりとします。
① 午前6時30分から午前10時30分前までの間に「運転見合わせ」となっている場合、1・2講時の授業等は休講とします。
② 午前10時30分から午後2時00分の間に「運転見合わせ」となっている場合、3講時から5講時の授業等は休講とします。
③ 午後2時00分以降、「運転見合わせ」となっている場合、6・7講時の授業等は休講とします。
④ 授業等の時間中に「運転見合わせ」となった場合、交通機関の運行状況等を考慮の上、学長が休講の実施時刻を判断します。
⑤ 交通機関により計画的な運休が発表された場合、対象路線や運休期間等の発表内容に基づき、学長が休講の実施について判断します。



3 注意事項
(1)上記「1」及び「2」の基準にかかわらず、来場不能又は来場困難と学長が認めた場合は、休講措置を取ることがあります。
(2) 本基準に基づき休講する場合は、 本HPの「お知らせ」欄FacebookTwitter でお知らせします。受講者に個別には連絡をいたしませんのでご了承ください。尚HPを確認できないなど、ご不明な点等ございましたらRECまでお問い合わせください。
(3)学外で開講する講座も原則として本基準を適用します。ただし、講座によって実施を判断する場合があります。その際は個別に受講生へご連絡をします。