講座詳細
TOP >> 講座を検索 >> 講座詳細

講座案内


コース 仏教・こころコース 講座No. KA05
講座名

親鸞の教えを学ぶ 中級

- 『教行信証』のことばに出遇う -
受講対象者 継続講座ですが、初めての方もご参加ください。

エリア 深草 会 場 紫光館
講座回数 5 回 日 程 2017-05-11(木) ~ 2017-07-06(木)
10:45 ~ 12:15
アカデミック
ポイント
5.0 受講料
(税込)
会員:6,150円
一般:9,250円
REC会員になるには別途
年会費3,080円が必要です
 
定 員 40 名 募集状況 募集終了

お気に入り登録 お問合わせ
WEBでの募集は終了となりました。お申し込み・キャンセル待ちについてのお問い合わせはお電話にてお願い致します。(京都:075-645-7892、滋賀:077-543-7848、東京:03-3201-2832受付時間:月~土 10:00~16:00)

講座概要  『教行信証』は、立教開宗の根本聖典であることから「本典」といわれ、親鸞聖人の信心と深い思索が凝縮され、浄土真宗の教えを余すところなく述べられた書です。この書は『大経』などの経典からの引用と親鸞聖人ご自身の自釈(言葉)で構成されており、一部六巻という大部な、お聖教です。今はその中でも特に著明な聖人ご自身が書かれた自釈の珠玉のことばを取り上げて、丁寧に解説をしながら読み進めています。前年度から『教行信証』の一番大事な信心(他力の信心)について明かされた「信文類」のことばを、一語一語を大事にしながら、時には聖人の他のお聖教を参考にしつつ、ゆっくりとしたペースで読み解いています。聖人は何を見つめられ、何を仰いでいかれたのでしょうか。聖人のこころを『教行信証』の行間から読み取り、共々に聖人が仰いだ本願の道を聞信していきたいと思います。
講座日程 (1) 5月11日(木) 信心と大行との関係
(2) 5月25日(木) 本願成就文のこころ
(3) 6月8日(木) 現世利益をどう考えるか
(4) 6月22日(木) 弥勒と同じとは
(5) 7月6日(木) 阿闍世の救い
テキスト
持ち物
備考

講 師

講師画像 三栗 章夫

ミクリ アキオ

龍谷大学客員研究員

- 講師紹介 -

真宗教学史が専門で、かねて書誌学の分野にも研究を広げています。主な論文は「『歎異抄』の罪科記録について」「三帖和讃の書誌について」(共著)「黒谷上人語灯録の書誌について」(共著)など。