講座詳細
TOP >> 講座を検索 >> 講座詳細

講座案内


コース 文化・歴史コース 講座No. KB03
講座名

古文書講座 上級編 A―1

- 村方文書を中心に -
受講対象者 古文書講座中級編を受講された方で、草書の楷書化・内容解釈ともに正答率7割以上の方を対象とします。

エリア 深草 会 場 紫光館
講座回数 6 回 日 程 2017-04-15(土) ~ 2017-08-05(土)
10:45 ~ 12:15
アカデミック
ポイント
6.0 受講料
(税込)
会員:7,380円
一般:11,100円
REC会員になるには別途
年会費3,080円が必要です
 
定 員 50 名 募集状況 募集終了

お気に入り登録 お問合わせ
WEBでの募集は終了となりました。お申し込み・キャンセル待ちについてのお問い合わせはお電話にてお願い致します。(京都:075-645-7892、滋賀:077-543-7848、東京:03-3201-2832受付時間:月~土 10:00~16:00)

講座概要  この講座では、字のくずしが比較的簡単な古文書を読んでいきます。分量は1回につき60行程度です。受講者参加型の講義を目指しますので、字のくずし方や内容の解釈について、受講者からの活発な発言を期待します。
 なお、講師から受講者を指名し、回答を求めることは行いません。毎回解読文を配付し、それに基づいて解説します。
講座日程 京都府亀岡市域の村方文書、もしくは滋賀県内の天台宗寺院文書を読んでいきます。
(1) 4月15日(土)
(2) 5月20日(土)
(3) 6月3日(土)
(4) 7月1日(土)
(5) 7月15日(土)
(6) 8月5日(土) 
テキスト 児玉幸多編 著『くずし字用例辞典』東京堂出版 定価 本体5,800円(税抜き) ISBN4490103336
持ち物
備考

講 師

講師画像 藤田 和敏

フジタ カズトシ

大本山相国寺 寺史編纂室研究員

- 講師紹介 -

主な研究テーマは江戸時代の寺院史(臨済宗・天台宗)、著書『〈甲賀忍者〉の実像』(吉川弘文館、2011年)、京都仏教会編『古都税の証言 京都の寺院拝観をめぐる問題』(共著、丸善プラネット、2017年)





受講対象は、古文書講座中級編を受講された方で、草書の楷書化・内容解釈ともに正答率7割以上の方となります。
くずし字辞典をお持ちの方はご準備ください。なお、古文書辞典をお持ちでない方は、「児玉幸多編『くずし字用辞典』東京堂出版」をお薦めします。
事前資料を開講の2週間前を目処に送付いたします。