講座詳細
TOP >> 講座を検索 >> 講座詳細

講座案内


コース 文化・歴史コース 講座No. KB10
講座名

日本史と古文書

- 近年発見された古文書から日本史を読む -
受講対象者 特に制限はありません。

エリア 深草 会 場 紫光館
講座回数 5 回 日 程 2017-04-22(土) ~ 2017-06-24(土)
13:15 ~ 14:45
アカデミック
ポイント
5.0 受講料
(税込)
会員:6,150円
一般:9,250円
REC会員になるには別途
年会費3,080円が必要です
 
定 員 40 名 募集状況 募集終了

お気に入り登録 お問合わせ
WEBでの募集は終了となりました。お申し込み・キャンセル待ちについてのお問い合わせはお電話にてお願い致します。(京都:075-645-7892、滋賀:077-543-7848、東京:03-3201-2832受付時間:月~土 10:00~16:00)

講座概要  近年、大河ドラマに人気がでると、そのドラマに関する古文書などの史料が発見されることが続いています。私も片桐且元書状を去年発見しました。今期は近年新しく発見された文書を使い、そこから日本史を読み込んでみたいと思います。新しい古文書からは、新しい日本史の知見が得られるかもしれません。今回は吉良上野介の手紙、関連記録、片桐且元書状などを取り上げてみる予定です。
講座日程 (1) 4月22日(土) 片桐且元書状 豊臣家と徳川家の間で
(2) 5月13日(土) 片桐且元書状 大坂の陣
(3) 5月27日(土) 吉良上野介と吉良家
(4) 6月10日(土) 吉良上野介と赤穂浪士
(5) 6月24日(土) 本願寺の印鑑
テキスト
持ち物
備考

講 師

講師画像 大喜 直彦

ダイキ ナオヒコ

京都ノートルダム女子大学非常勤講師

- 講師紹介 -

1989年龍谷大学博士課程国史学単位取得退学。2008年3月博士(文学) 専門分野は、日本社会史、資料学(古文書学など)。 著書に『中世びとの信仰社会史』(法藏館、2011年)、『神や仏に出会う時』(吉川弘文館、2014年)がある。