講座詳細
TOP >> 講座を検索 >> 講座詳細

講座案内


コース 文化・歴史コース 講座No. KB25
講座名

文化財の修理と活用

- 絵画・古文書などを未来へ伝える文化財修理の世界を知る -
受講対象者 ※2016年度後期滋賀開講講座と内容が同一です。

エリア 深草 会 場 紫光館
講座回数 3 回 日 程 2017-05-27(土) ~ 2017-06-10(土)
13:15 ~ 14:45
※第3回は13:15~16:30
アカデミック
ポイント
4.0 受講料
(税込)
会員:6,920円
一般:9,400円
REC会員になるには別途
年会費3,080円が必要です
 
(実習材料費含む)
定 員 20 名 募集状況 募集終了

お気に入り登録 お問合わせ
WEBでの募集は終了となりました。お申し込み・キャンセル待ちについてのお問い合わせはお電話にてお願い致します。(京都:075-645-7892、滋賀:077-543-7848、東京:03-3201-2832受付時間:月~土 10:00~16:00)

講座概要  国宝・重要文化財をはじめとする多くの文化財は、長い歴史の中で幾度となく修理をされて今日に伝え残されています。本講座では、現在おこなわれている文化財修理の実際を、おもに絵画作品などの修理事例を交えながら紹介します。
 また、最終回では修理作業の一場面を体験する実習を通して、文化財修理についての理解をさらに深めていただければと思います。
講座日程 (1) 5月27日(土) 文化財修理とは?
(2) 6月3日(土) 絵画修理の実際
(3) 6月10日(土) 紙文化財の補修と裏打ち(実習 3,4講時連続)
テキスト
持ち物 筆記用具のみ。特別な道具等はこちらで準備致します。
備考

講 師

講師画像 森田 健介

モリタ ケンスケ

国宝修理装潢師連盟加盟工房(株)松鶴堂 修理技術部絵画課 主任技師

- 講師紹介 -

龍谷大学大学院文学研究科国史学専攻修了。文化財修理技術者。専門は東洋絵画修理。京都国立博物館内の文化財保存修理所でおもに絵画の修理をしています。文化財を永く後世に伝えるために少しでも多くの方に文化財修理という世界を知っていただければと考えています。





パンフレットでは受講回数を計「4」回と記載していますが、正しくは本ページに記載のとおり「3」回となります。
お詫びして訂正させていただきます。