講座詳細
TOP >> 講座を検索 >> 講座詳細

講座案内


コース 仏教・こころコース 講座No. KA53
講座名

親鸞の教えを学ぶ 入門

- 宗教としての仏教と親鸞思想の基本 -
受講対象者 継続講座ですが、初めての方もご参加ください。

エリア 深草 会 場 紫光館
講座回数 6 回 日 程 2017-09-26(火) ~ 2017-12-05(火)
10:45 ~ 12:15
アカデミック
ポイント
6.0 受講料
(税込)
会員:7,380円
一般:11,100円
REC会員になるには別途
年会費3,080円が必要です
 
定 員 40 名 募集状況 募集終了

お気に入り登録 お問合わせ
WEBでの募集は終了となりました。お申し込み・キャンセル待ちについてのお問い合わせはお電話にてお願い致します。(京都:075-645-7892、滋賀:077-543-7848、東京:03-3201-2832受付時間:月~土 10:00~16:00)

講座概要  この講座ではまず前期に学んだことを復習し確認します。つまり、宗教とは心の取り扱う領域であるということ。自然科学のように観察対象が自分の外にあるというものではないという点。また、あらためて宗教をどのように捉えるか、という点も復習します。これらを踏まえて、親鸞が仏教を理解していく上で大きな影響を受けたさまざまな学僧について学びます。
講座日程 (1) 9月26日(火) 
前期の復習:歴史的事実と心の事実
(2) 10月10日(火) 
前期の復習:宗教としての仏教
(3) 10月24日(火) 
親鸞に大きな影響を与えた七人の僧侶―七高僧
龍樹、天親、曇鸞、道綽、善導、源信、源空
1.龍樹、 2.天親(世親)
(4) 11月7日(火) 
3.曇鸞、4.道綽
(5) 11月21日(火) 
5.善導、6.源信
(6) 12月5日(火) 
7.源空(法然)
まとめ
テキスト
持ち物
備考 【参考文献】
適宜参考文献を紹介します。

講 師

講師画像 野村 伸夫

ノムラ ノブオ

元京都女子大学教授

- 講師紹介 -

浄土真宗の小さな末寺の住職をしています。その仕事は、日常生活を取り巻く世俗と本願の教えとの橋渡しです。お寺では心に訴え、大学では理解力に訴えます。しかし、理解力が信心・信仰をじゃますることがあるのです。私の考えるべき対象はこの点、心と理性の関係、に尽きます。