講座詳細
TOP >> 講座を検索 >> 講座詳細

講座案内


コース 仏教・こころコース 講座No. KA61
講座名

多宗教社会インドの現状と課題

受講対象者 特に制限はありません。

エリア 深草 会 場 紫光館
講座回数 4 回 日 程 2017-10-06(金) ~ 2017-10-27(金)
10:45 ~ 12:15
アカデミック
ポイント
4.0 受講料
(税込)
会員:4,920円
一般:7,400円
REC会員になるには別途
年会費3,080円が必要です
 
定 員 40 名 募集状況 ◎空きあり

お気に入り登録 お問合わせ
申込人数

講座概要  「多様性国家」とされるインドでは、言語や食、文化、人びとの社会的属性など、非常に多様なすがたをみることができます。それは宗教に関しても例外ではなく、人びとの生活に密接に関連したかたちで、多様な宗教が共にみられうる状況にあります。しかし近年、ヒンドゥー至上主義の高揚とともに、時にきわめて苛烈な暴力を伴う他宗教に対する排外的な攻撃が顕著になってきています。本講座では、インドの事例をもとに、とりわけ仏教の状況と関係性を軸に、多宗教共存の現状と課題に関して講義を行っていきます。異なる宗教(徒)が共に生きるという現在的課題について、一緒に考えることができればと思います。
講座日程 (1) 10月6日(金) 多宗教社会インドの現状 担当:舟橋 健太
(2) 10月13日(金) 南インドにおける仏教運動の展開と課題~ヒンドゥー至上主義に抗って~ 担当:佐藤 智水
(3) 10月20日(金) マハーラーシュトラ州・ナーグプルにおける仏教組織の活動と他宗教との関係 担当:嵩 満也
(4) 10月27日(金) 多宗教社会インドの課題 担当:舟橋 健太
テキスト
持ち物
備考

講 師

講師画像 舟橋 健太

フナハシ ケンタ

人間文化研究機構総合人間文化研究推進センター研究員
龍谷大学南アジア研究センター研究員

- 講師紹介 -

南アジア地域研究、文化人類学専攻。インドにて、「不可触民」、特に「改宗仏教徒」を対象に、調査研究を行っている。著書に『現代インドに生きる〈改宗仏教徒〉―新たなアイデンティティを求める「不可触民」―』(昭和堂、2014年)。

講師画像 佐藤 智水

サトウ チスイ

龍谷大学人間・科学・宗教総合研究センター研究フェロー

- 講師紹介 -

中国仏教史、及び現代インド改宗仏教徒の調査・研究。アジア仏教の展開を大衆の視点から探る研究を続けている。著書『4~6世紀における華北石刻史料の調査・研究』(平成13~16年度科研成果報告書,2005)他。

講師画像 嵩 満也

ダケ ミツヤ

龍谷大学国際学部教授・南アジア研究センター長

- 講師紹介 -

専門分野:親鸞思想・日本の宗教。近年、インドのダリト仏教徒の活動に関心を持ち研究をすすめている。『共生する世界』(共著、法蔵館)、『親鸞読み解き事典』(共著、柏書房)「親鸞における「浄土真実」と「浄土方便」の構想」(『真宗学』)ほか、著書・論文多数。