講座詳細
TOP >> 講座を検索 >> 講座詳細

講座案内


コース 文化・歴史コース 講座No. KB66
講座名

摂関家歴代(下)

- 古代・中世政治史の一側面 -
受講対象者 継続講座ですが、初めての方もご参加ください。
※大阪開講講座と内容が重複します

エリア 深草 会 場 紫光館
講座回数 4 回 日 程 2017-11-06(月) ~ 2017-12-04(月)
10:45 ~ 12:15
アカデミック
ポイント
4.0 受講料
(税込)
会員:4,920円
一般:7,400円
REC会員になるには別途
年会費3,080円が必要です
 
定 員 50 名 募集状況 募集終了

お気に入り登録 お問合わせ
WEBでの募集は終了となりました。お申し込み・キャンセル待ちについてのお問い合わせはお電話にてお願い致します。(京都:075-645-7892、滋賀:077-543-7848、東京:03-3201-2832受付時間:月~土 10:00~16:00)

講座概要  天皇を補佐する最高位の貴族であった歴代摂関の足跡をたどり、平安後期から鎌倉時代に至る政治史について、従来あまり注目されなかった側面からの考察を試みます。今期取り上げるのは、摂関家が分裂し、近衛基通は平氏、ついで後白河法皇の傘下に入り、松殿基房は摂関家から分離し、九条兼実は源頼朝と提携し、それぞれ独自のあゆみを示すことです。承久の乱後までも展望したいと思います。
講座日程 (1) 11月6日(月) 松殿基房、摂関家からの分離
(2) 11月20日(月) 近衛基通、平氏と院政
(3) 11月27日(月) 九条兼実、鎌倉幕府との提携
(4) 12月4日(月) 九条道家、承久の乱後への展望
テキスト
持ち物
備考

講 師

講師画像 上横手 雅敬

ウワヨコテ マサタカ

京都大学名誉教授・元龍谷大学文学部教授

- 講師紹介 -

日本中世史 『日本中世政治史研究』『鎌倉時代政治史研究』『日本中世国家史論考』『権力と仏教の中世史』等著書多数





京都開講講座と大阪開講講座は内容が重複します。