講座詳細
TOP >> 講座を検索 >> 講座詳細

講座案内


コース 文化・歴史コース 講座No. KB76
講座名

龍馬を救った薩摩藩伏見屋敷と諸大名の伏見屋敷

受講対象者 特に制限はありません。

エリア 深草 会 場 紫光館
講座回数 2 回 日 程 2017-11-22(水) ~ 2017-11-29(水)
13:15 ~ 14:45
アカデミック
ポイント
2.0 受講料
(税込)
会員:2,460円
一般:3,700円
REC会員になるには別途
年会費3,080円が必要です
 
定 員 40 名 募集状況 募集終了

お気に入り登録 お問合わせ
WEBでの募集は終了となりました。お申し込み・キャンセル待ちについてのお問い合わせはお電話にてお願い致します。(京都:075-645-7892、滋賀:077-543-7848、東京:03-3201-2832受付時間:月~土 10:00~16:00)

講座概要  本年6月、薩摩藩の伏見屋敷の絵図面が初めて発見された、と大きく新聞で報道されました。寺田屋で襲撃され傷を負った坂本龍馬は、この薩摩藩の伏見屋敷に匿われて九死に一生を得ます。そして幕府と薩摩藩の亀裂を図らずも示し、情勢が変わる一大転機の舞台となりました。この薩摩藩の屋敷をはじめ伏見には幕末まで20余りの諸大名の屋敷がありました。絵図や資料を基に、京都や大阪の藩邸とも比較しながらその一端を紹介します。
講座日程 (1) 11月22日(水) 坂本龍馬の命を救った「薩摩藩伏見屋敷」
(2) 11月29日(水) 幕末まで続いた「諸大名の伏見屋敷」
テキスト
持ち物
備考

講 師

講師画像 鳥羽 重宏

トバ シゲヒロ

城南宮宮司

- 講師紹介 -

昭和40年、京都に生まれる。京都大学を卒業後、神職資格を取得し國學院大學大学院修士課程を修了、平成元年より伊勢の神宮に務める。平成7年より城南宮禰宜、13年に宮司に就任し現在に至る。著作に『天照大神と天の岩戸開き図鑑』他。