講座詳細
TOP >> 講座を検索 >> 講座詳細

講座案内


コース 文化・歴史コース 講座No. KB77
講座名

美と醜① ―旧約聖書の人間像―

受講対象者 特に制限はありません。

エリア 深草 会 場 紫光館
講座回数 5 回 日 程 2017-10-02(月) ~ 2017-11-13(月)
10:45 ~ 12:15
アカデミック
ポイント
5.0 受講料
(税込)
会員:6,150円
一般:9,250円
REC会員になるには別途
年会費3,080円が必要です
 
定 員 40 名 募集状況 募集終了

お気に入り登録 お問合わせ
WEBでの募集は終了となりました。お申し込み・キャンセル待ちについてのお問い合わせはお電話にてお願い致します。(京都:075-645-7892、滋賀:077-543-7848、東京:03-3201-2832受付時間:月~土 10:00~16:00)

講座概要  キリスト教の経典である聖書は、時代遅れのありがたい説教の書ではありません。そこには「美と醜」を含めた生々しい人間の性(さが)をえぐりだすドラマが展開されているのです。この講座では、旧約聖書に登場する幾人かの人物をピックアップして、その人物の描写の仕方を詳しく分析しつつ、そこに込められたメッセージを読み解きます。こうして、聖書が単なるキリスト教の経典としてではなく、今を生きる私たちの心に訴える現代性と魅力をもった「人間ドラマの書」であることを実感できるでしょう。
講座日程 (1) 10月2日(月)
「アダムとエバの創造」
― ①humanは「泥的」という意味 ②なぜ自殺も殺人もいけないか? 
④人間はロボットじゃない ⑤人間は一人では「人」じゃない
(2) 10月16日(月)
「失楽園」―
①禁断の木の実はなぜ「禁断」?②犯罪者の心理 
③苦しみと死の理由 ④すでに始まっていた「地球環境破壊」
(3) 10月23日(月)
「カインとアベル」物語 
― 「人類最初の殺人事件」の裏にある民族蔑視の心理
(4) 10月30日(月)
「アブラハム物語」に見られる信仰のすさまじさ
(5) 11月6日(月)
「サムソン物語」― 
①「パレスチナ」と戦うサムソン ②復讐の悲劇
テキスト
持ち物
備考

講 師

講師画像 久松 英二

ヒサマツ エイジ

龍谷大学国際学部教授

- 講師紹介 -

南山大学にて神学修士号を、ウィーン大学にて神学博士号取得。著書として『祈りの心身技法』(京都大学学術出版会)、『ギリシア正教 東方の智』(講談社メチエ)、訳書としてルードルフ・オットー『聖なるもの』(岩波文庫)。専門は東方教会神秘思想、比較宗教思想。