講座詳細
TOP >> 講座を検索 >> 講座詳細

講座案内


コース 現代社会コース 講座No. KI56
講座名

経済の理論を初歩から身につけよう

受講対象者 特に制限はありません。
※2017年度前期大阪開講講座と内容が重複します。

エリア 深草 会 場 紫光館
講座回数 6 回 日 程 2017-10-03(火) ~ 2018-01-09(火)
10:45 ~ 12:15
アカデミック
ポイント
6.0 受講料
(税込)
会員:7,380円
一般:11,100円
REC会員になるには別途
年会費3,080円が必要です
 
定 員 50 名 募集状況 募集終了

お気に入り登録 お問合わせ
WEBでの募集は終了となりました。お申し込み・キャンセル待ちについてのお問い合わせはお電話にてお願い致します。(京都:075-645-7892、滋賀:077-543-7848、東京:03-3201-2832受付時間:月~土 10:00~16:00)

講座概要  朝、新聞に目をやると記事に難しい言葉が一杯おどっています。そこで、えーこんなむつかしい言葉、かなわんなあー、とおもっていらっしゃる人々が随分いらっしゃることと思います。たとえば、GDP、GNP、インフレ、デフレ、マイナス金利、円高・円安・・・金融政策・財政政策・・・きりが無いほどややこしい言葉が新聞紙上でおどっています。でも、皆さん、じっくり一度基礎から学んでしまえばこれらの言葉は至って簡単なんです。そこで、この講座においでくださって私と一緒に学んでみましょう。これは皆さんの講座です。どんなことでも質問してください。皆さんと一緒になって学んでいきたいと講師の私は熱意に燃えています。
講座日程 (1) 10月3日(火) 
トランプ大統領の経済政策は何か、そして日本経済への影響は何が…-市場の働き-
(2) 10月17日(火) 
価格とはだれがどこでどのようにして決めるのか-市場メカニズムの基礎-
(3) 11月7日(火) 
生産とは何か、それはなぜ必要か-生産要素とは何か-
(4) 11月21日(火) 
インフレとデフレとはどうちがうのか-人々にとってインフレとデフレどちらがいいのか-
(5) 12月5日(火) 
「円高」と「円安」とは何か、それはなぜ発生するのか
(6) 1月9日(火) 
アベノミクスの目的:GDP=600兆円は可能か、プライマリーバランスの回復は可能か
テキスト
持ち物
備考

講 師

講師画像 岡地 勝二

オカチ カツジ

龍谷大学名誉教授

- 講師紹介 -

関西大学経済学部卒業、在学中ロータリークラブの奨学生としてアメリカ・ジョージア大学に1年間留学。ジョージア大学大学院卒業、修士号(M.A)を受ける。名古屋市立大学大学院博士課程修了。フロリダ州立大学大学院にてPh.D.(博士号)修得、京都大学経済学博士、龍谷大学経済学部教授を経て、現在龍谷大学名誉教授。





2017年度前期大阪開講講座と内容が重複します。