講座詳細
TOP >> 講座を検索 >> 講座詳細

講座案内


コース 現代社会コース 講座No. OI56
講座名

ジャーナリズムの道徳的ジレンマ

- 報道現場の難問を考える -
受講対象者 特に制限はありません。

エリア 大阪 会 場 ヒルトンプラザウエストオフィスタワー14階
講座回数 5 回 日 程 2017-09-28(木) ~ 2017-11-30(木)
19:00 ~ 20:30
アカデミック
ポイント
5.0 受講料
(税込)
会員:6,150円
一般:9,250円
REC会員になるには別途
年会費3,080円が必要です
 
定 員 50 名 募集状況 募集終了

お気に入り登録 お問合わせ
WEBでの募集は終了となりました。お申し込み・キャンセル待ちについてのお問い合わせはお電話にてお願い致します。(京都:075-645-7892、滋賀:077-543-7848、東京:03-3201-2832受付時間:月~土 10:00~16:00)

講座概要  新聞やテレビの取材者は、道徳的な難問にたびたび直面してきました。たとえば、飢餓に瀕したアフリカの少女の背後にハゲワシが舞い降りた事例。ハゲワシはいまにも少女に襲いかかろうとしています。そんなとき、カメラマンは衝撃的な写真を狙うべきでしょうか。それともハゲワシを追い払うべきでしょうか。
 バスジャック事件が発生し、刃物を持った男が乗客を人質に取り「記者を呼べ」とわめいた事例も難問です。警察は取材陣に「記者に変装した刑事をバスに送り込むので、報道腕章を貸して」と求めました。記者は会社名を記した腕章を貸してよいでしょうか。
 この講座は、実際に取材記者たちを悩ませた事例を題材に、対話型のワークショップをおこない、ジャーナリズムの考え方について理解を深めます。哲学カフェのように対論しましょう。
講座日程 (1) 9月28日(木)導入:ピュリツァー賞写真「ハゲワシと少女」から報道倫理と道徳を考える
(2) 10月12日(木)人命救助か報道優先か:バスジャック事件をめぐる千葉日報記者のジレンマ
(3) 10月26日(木)オフレコを破る大義はあるか:防衛局長の失言をめぐる琉球新報記者のジレンマ
(4) 11月9日(木)災害報道か、まず避難か:原発事故で福島の放送局社長が直面したジレンマ
(5) 11月30日(木)金を払って取材する是非:疑惑の人や著名人を追いかける記者たちのジレンマ
テキスト
持ち物
備考

講 師

講師画像 畑仲 哲雄

ハタナカ テツオ

龍谷大学社会学部准教授

- 講師紹介 -

毎日新聞社会部、日経トレンディ編集部、共同通信経済部などで計25年勤務した後、東京大学大学院で博士号取得。著書に『地域ジャーナリズム:コミュニティとメディアを結びなおす』(勁草書房、内川賞受賞)、『新聞再生:コミュニティからの挑戦』(平凡社)など。