講座詳細
TOP >> 講座を検索 >> 講座詳細

講座案内


コース 自然・環境コース 講座No. SD54
講座名

地球を構成している90種類の元素は、一体どの様な現象で誕生したのか?

受講対象者 特に制限はありません。
※2017年度前期京都開講講座と内容が重複します。
※大阪開講講座と内容が重複します。

エリア 瀬田 会 場 RECホール
講座回数 5 回 日 程 2017-09-26(火) ~ 2017-11-21(火)
13:35 ~ 15:05
アカデミック
ポイント
5.0 受講料
(税込)
会員:6,150円
一般:9,250円
REC会員になるには別途
年会費3,080円が必要です
 
定 員 40 名 募集状況 募集終了

お気に入り登録 お問合わせ
WEBでの募集は終了となりました。お申し込み・キャンセル待ちについてのお問い合わせはお電話にてお願い致します。(京都:075-645-7892、滋賀:077-543-7848、東京:03-3201-2832受付時間:月~土 10:00~16:00)

講座概要  私は大学で化学の教育と研究に従事致しました。そして、人類や自然界における一般の化学反応では、地球を構成している90種類の元素を生み出すことが不可能であると気付きました。そこで宇宙に目を向けた結果、米国航空宇宙局NASAのハッブル宇宙望遠鏡に出会いました。そして、この望遠鏡が宇宙で超巨大な規模の化学反応が起こり、さまざまな元素を生み出しているという事実を教えてくれました。もし、これらの元素が生成されなかったならば、地球も、太陽系も、ひいては天の川銀河も、この宇宙で誕生することが出来なかったのではないでしょうか。更に、各種科学衛星などの観測結果からも、この宇宙の形態が「諸行無常(移り変わりの相)」と密接な関係を有していることもわかりました。本講座を通して地球上のすべての生命体にとって、この惑星が如何に素晴らしい宇宙環境下に置かれていたのかということをご理解いただければ幸いです。
講座日程 (1) 9月26日(火) はじめに。太陽と地球。太陽系の他の惑星(その1)。
(2) 10月10日(火) 太陽系の他の惑星(その2)。系外の惑星。星雲。
(3) 10月24日(火) 超新星爆発。銀河(その1)。
(4) 11月7日(火) 銀河(その2)。ブラックホール。銀河の衝突。宇宙初期の巨大な天体(ヒミコ)。
(5) 11月21日(火) 銀河群と銀河団。宇宙の大規模構造。諸行無常と宇宙の物語。最後に。
テキスト
持ち物 メモ用紙、筆記用具をご持参ください。
備考 宇宙関係の画像には著作権があるため、画像等の資料配布は行いません。

講 師

講師画像 藤原 秀樹

フジワラ ヒデキ

大阪工業大学名誉教授

- 講師紹介 -

専門分野:高分子化学で、メカノケミカル反応による高機能性の付与に関する研究。現在:(一社)近畿化学協会化学技術アドバイザー会副代表。最近の著書:技術者による実践的工学倫理(第3版)(2013年)共著。環境倫理入門(2012年)共著。共に化学同人刊。





2017年度前期講座と内容が重複します。 大阪開講講座と内容が重複します。