講座詳細
TOP >> 講座を検索 >> 講座詳細

講座案内


コース 文化・歴史コース 講座No. KB10
講座名

日本古代の伝承と歴史

- 創世の神話 -
受講対象者 特に制限はありません。
※大阪開講同名講座と内容が重複します。

エリア 深草 会 場 紫光館
講座回数 4 回 日 程 2018-04-27(金) ~ 2018-05-25(金)
10:45 ~ 12:15
アカデミック
ポイント
4.0 受講料
(税込)
会員:4,920円
一般:7,400円
REC会員になるには別途
年会費3,080円が必要です
 
定 員 50 名 募集状況


講座概要  『古事記』『日本書紀』『風土記』などの諸史料を読みながら、日本古代の特に律令制前の歴史について考えます。物語や神話からも歴史の背景を考えます。これらの史料は律令制の時代に完成したものですから、律令制の政治や制度的な背景との兼ね合いもみえてくると思います。
 今回は、『古事記』『日本書紀』の冒頭に語られる「天地開闢(てんちかいびゃく)」とも呼ばれる創世の神話を取り上げ、この神話の素材や背景から古代の様相を考えたいと思います。
講座日程 (1) 4月27日(金) 創世神話の類型と最初の神
(2) 5月11日(金) タカミムスヒとカミムスヒ
(3) 5月18日(金) 神代七代の諸伝
(4) 5月25日(金) 異質な神代七代の伝
テキスト
持ち物
備考

講 師

講師画像 生田 敦司

イクタ アツシ

龍谷大学非常勤講師

- 講師紹介 -

日本古代史専攻。神話・物語・系譜伝承の分析、情報学との連携・共同研究。「記紀の天皇に対する『祖先伝承』という視点」『日本古代の宗教と伝承』(勉誠出版、2009年)、「犬養氏と犬養部の理解に関する現状と課題」『日本書紀研究』第32冊(塙書房、2017年)ほか。





大阪開講同名講座と内容が重複します。