講座詳細
TOP >> 講座を検索 >> 講座詳細

講座案内


コース 文学コース 講座No. KC01
講座名

龍谷大学図書館提携講座 龍谷大学深草図書館のコレクション探訪

受講対象者 特に制限はありません。

エリア 深草 会 場 紫光館
および深草図書館
講座回数 4 回 日 程 2018-05-24(木) ~ 2018-06-14(木)
10:45 ~ 12:15
アカデミック
ポイント
4.0 受講料
(税込)
会員:4,920円
一般:7,400円
REC会員になるには別途
年会費3,080円が必要です
 
定 員 40 名 募集状況 募集終了

お気に入り登録 お問合わせ
WEBでの募集は終了となりました。お申し込み・キャンセル待ちについてのお問い合わせはお電話にてお願い致します。(京都:075-645-7892、滋賀:077-543-7848、東京:03-3201-2832受付時間:月~土 10:00~16:00)

講座概要  龍谷大学深草図書館には、いくつかのユニークな図書コレクションがあります。今回は、そのうち社史コレクション(長尾文庫)、児童文学コレクション(花岡文庫、中川正文文庫)、戦争研究コレクション(戦争・平和文献コレクション)をとりあげます。講座では、それぞれのコレクションの成り立ち、コレクションの内容や特徴などを解説し、コレクションへの理解を深めていただきます。また講座の最終回は、図書館長が担当し、それぞれのコレクションの実物について深草図書館内で実地解説を行います。
 講座では、深草図書館の各コレクションの実物に接していただける絶好の機会をとおして、図書コレクションのもつおもしろさを感じていただくことを目指しています。また講座をとおして、図書館の有する人文・社会系のコレクションが本学の教育・研究に果たす重要な役割についても、再認識していただくことを期しています。
講座日程 (1) 5月24日(木) 
「戦争・平和文献コレクションについて」(戦争関係コレクション)
①大学図書館におけるコレクションについて、②「戦争と平和文献コレクション」のきっかけについて、③「戦争と平和文献コレクション」の特徴について説明します。
担当:髙橋 三郎
(2) 5月31日(木) 
「長尾文庫について」(社史コレクション)
 日本最大級の社史コレクションと評価されている長尾文庫について、その特徴について解説します。 
担当:藤田 誠久
(3) 6月7日(木) 
「花岡文庫、中川正文文庫について」(児童文学コレクション)
 花岡大学氏(童話作家)、中川正文氏(児童文学者)は、ともに本学の卒業生で、その所縁の書物やコレクションが本学に寄贈されています。両コレクションが児童文学宇研究に果たす役割について説明します。 
担当:川北 典子
(4) 6月14日(木) 
「館長による各コレクションの館内実地説明」
 これまでの3回の講座で紹介されたコレクションのそれぞれについて、新田図書館長が館内で実地説明を行います。深草図書館の特色あるコレクションの息吹きに触れてください。
担当:新田 光子
【集  合】龍谷大学深草図書館入口付近 10:45〈時間厳守〉
【解  散】龍谷大学深草図書館入口付近 12:15〈予定〉
テキスト
持ち物
備考 【注意】
第4回の6月14日(木)は深草図書館内にて実地説明を行います。(詳細は第3回講座時にお知らせします。)

講 師

講師画像 新田 光子

ニッタ ミツコ

龍谷大学図書館長・社会学部教授

- 講師紹介 -

専門は社会学。主著に『原爆と寺院:ある真宗寺院の社会史』(法蔵館、2004)、『大連神社史:ある海外神社の社会史』(おうふう、1997)、共著に『大学生入門』(世界思想社、2001)など。

講師画像 髙橋 三郎

タカハシ サブロウ

京都大学名誉教授

- 講師紹介 -

専門は社会学。主著に『強制収容所における「生」』(二月社、1974/新装版:世界思想社、2000)、編著に『共同研究・戦友会』(田畑書店、1983)、共著に『大学生入門』(世界思想社、2001)など。

講師画像 藤田 誠久

フジタ ノブヒサ

龍谷大学名誉教授

- 講師紹介 -

専門は、日本経営史。とくに三菱史料館兼務研究員として、三菱財閥における戦時期の企業活動を研究。龍谷大学図書館所蔵の「長尾文庫」の蔵書目録の編纂にも力を注いできた。「長尾文庫」コレクションを基にした『社史の研究-日本企業成長の軌跡』有斐閣 1990年を公刊。

講師画像 川北 典子

カワキタ ノリコ

大谷大学教育学部教授

- 講師紹介 -

児童文化学、保育・幼児教育学。家庭および保育・幼児教育現場で優れた文化財・教材となる絵本や児童文学等、子どもの本の楽しさや大切さを伝えていきたいと思っています。『子どもの育ちを支える児童文化』(編著)(あいり出版)、『子どもの生活と児童文化』(共編著)(創元社)