講座詳細
TOP >> 講座を検索 >> 講座詳細

講座案内


コース 仏教・こころコース 講座No. KA52
講座名

『歎異抄』を学ぶ

受講対象者 親鸞聖人に「なんでこんなこと言ってるんですか?」と質問するような気持ちで、『歎異抄』を読んでいきましょう。
継続講座ですが、初めての方もご参加ください。

エリア 深草 会 場 紫光館
講座回数 5 回 日 程 2018-09-27(木) ~ 2018-12-06(木)
10:45 ~ 12:15
アカデミック
ポイント
5.0 受講料
(税込)
会員:6,150円
一般:9,250円
REC会員になるには別途
年会費3,080円が必要です
 
定 員 40 名 募集状況 近日募集

お気に入り登録 お問合わせ

講座概要  『歎異抄』ほど宗派の枠を超え、多くの方々に読み継がれている宗教書も少ないと思います。その理由として、親鸞聖人の息づかいが感じられるような言葉や、一読しただけでは理解しにくいような逆説的な表現が多い、といったことが考えられます。こうした点は誤解を生みやすいという側面もありますが、同時に、他の宗教書と違って、私たち自身が持つような話題や疑問に近いという利点もあると思います。本講座では、出来るだけ私たちが素朴に持つ思いや疑問を大切にしながら『歎異抄』を読み進んでいきたいと思います。
講座日程 (1) 9月27日(木) 第5条 父母の供養はしたことがない?
(2) 10月11日(木) 第6条 弟子は一人ももっていない
(3) 11月1日(木) 第7条・第8条 他力の念仏と念仏者の人生
(4) 11月15日(木) 第9条 急いで往生したい?-よろこぶ心と煩悩-
(5) 12月6日(木) 第10条 「はからいの誡め」と『歎異抄』異義篇
テキスト
持ち物
備考

講 師

講師画像 岡崎 秀麿

オカザキ ヒデマロ

浄土真宗本願寺派総合研究所研究員・龍谷大学非常勤講師

- 講師紹介 -

博士(文学)。専門は真宗学。現代的な課題の中でも生命倫理の問題に対して、親鸞聖人の教えからどのような発言がなし得るか、という問題意識をもって研究しています。主な論文として、「石泉助正論の研究」(学位請求論文)、「伝灯奉告法要の意義」など。