講座詳細
TOP >> 講座を検索 >> 講座詳細

講座案内


コース 仏教・こころコース 講座No. KA66
講座名

龍谷大学大学院実践真宗学研究科創設10周年記念
現代社会と向き合う仏教

- 先端的な僧侶の実践とその諸相 -
受講対象者 仏教の信仰の有無、資格の有無は問いません。
仏教寺院・僧侶の活動に関心のある方。現代的な宗教に関心のある方。本講座に関心のある方。

エリア 大宮 会 場 教室は受講票でご確認ください。
講座回数 5 回 日 程 2018-10-04(木) ~ 2019-02-14(木)
18:00 ~ 19:30
(第1回目のみ18:30~20:00)
アカデミック
ポイント
5.0 受講料
(税込)
会員:6,150円
一般:9,250円
REC会員になるには別途
年会費3,080円が必要です
 
定 員 60 名 募集状況 近日募集

お気に入り登録 お問合わせ

講座概要  今日、僧侶をはじめとする宗教者の活動が注目されています。新聞・テレビ等のメディアでの注目も高まっています。近年の新しい取り組みとして、震災などの災害・貧困や自死等の社会課題への対応、医療や福祉分野での宗教的なニーズの高まり、公共領域で活動する宗教者としての「臨床宗教師」の登場等、さまざまなフィールドに宗教者の関わりをみることができます。そういった社会における宗教者の役割について、社会学等、さまざまな研究領域でもとりあげられるようになってきました。
 本講座では、そういったさまざまな社会課題に対して先端的な取り組みを実際に行っている僧侶に各回お越しいただきます。現代仏教の課題、これからの仏教のあり方について講義とディスカッションを行います。
講座日程 (1) 10月4日(木) 
現代における仏教(宗教)と社会――近年の宗教と社会の関係と期待とは?
担当:釈徹宗/中平了悟
(2) 11月1日(木) 
社会課題を通じたお寺と僧侶のネットワーキング――おてらおやつクラブの活動 
担当:松島靖朗/中平了悟
(3) 11月29日(木) 
地域のお寺のさまざまな取り組み――寺院の社会参加のあり方を『地域寺院』から考える 
担当:小川有閑/中平了悟
(4) 1月10日(木) 
医療と宗教の連携――医療現場における宗教者の実践と臨床宗教師 
担当:森田敬史/中平了悟
(5) 2月14日(木) 
仏教寺院の最先端――應典院の挑戦とお寺のこれから 
担当:秋田光彦/中平了悟
テキスト
持ち物
備考 第1回目のみ18:30からの開始となりますので、ご注意ください。

講 師

講師画像 釈 徹宗

シャク テッシュウ

相愛大学人文学部教授・浄土真宗本願寺派僧侶

- 講師紹介 -

宗教思想や宗教文化の領域において、比較研究や学際研究を行っている。また、NPO法人リライフ代表として、認知症高齢者共同生活の家などを運営。 著書に『親鸞の思想構造ー比較宗教の立場からー』(法蔵館)、『不干斎ハビアン』(新潮社)、『おてらくご』(本願寺出版社)など。

講師画像 小川 有閑

オガワ ユウカン

大正大学地域構想研究所主幹研究員・浄土宗蓮宝寺住職

- 講師紹介 -

仏教者の社会的責任、特に自死や高齢者ケアをテーマに研究を行っている。また、「自死・自殺に向き合う僧侶の会」会員として、自死予防や遺族支援、グリーフケア等にも取り組む。2013年からは老病死に携わる専門家を集めてライフエンディング研究会を毎月開催している。

講師画像 松島 靖朗

マツシマ セイロウ

特定非営利活動法人おてらおやつクラブ代表理事/安養寺住職

- 講師紹介 -

2014年1月国内の貧困問題を解決するための活動「おてらおやつクラブ」を開始。2017年8月に特定非営利活動法人おてらおやつクラブ設立。代表理事に就任。2016年第8回浄土宗平和賞、2017年第8回奈良人権文化選奨、第6回奈良日賞受賞、2018年中外日報涙骨賞実践部門受賞等。

講師画像 秋田 光彦

アキタ コウゲン

浄土宗大蓮寺住職・パドマ幼稚園園長

- 講師紹介 -

大蓮寺塔頭の應典院は劇場型寺院として20年の活動を経て、新たに終活プロジェクトを開始。著書に「葬式をしない寺」(新潮社)、編著に「生と死をつなぐケアとアート」(生活書院)など。相愛大学客員教授。アート・ミーツ・ケア学会理事。

講師画像 森田 敬史

モリタ タカフミ

龍谷大学大学院実践真宗学研究科 教授

- 講師紹介 -

龍谷大学大学院実践真宗学研究科教授。融通念佛宗僧侶。博士(文学)。新潟県にある長岡西病院ビハーラ病棟にて常勤ビハーラ僧として実践経験を得た後,現職。専門分野は実践宗教学,臨床死生学。研究テーマは仏教者の実践。龍谷大学の臨床宗教師研修にも関わる。

講師画像 中平 了悟

ナカヒラ リョウゴ

龍谷大学非常勤講師(文学部・大学院実践真宗学研究科)

- 講師紹介 -

龍谷大学大学院文学研究科博士課程真宗学専攻単位取得退学。浄土真宗本願寺派総合研究所研究員、龍谷大学大学院実践真宗学研究科実習助手を経て、現職。専門は中国の浄土教思想。近年の宗教者の社会実践に関しても関心を向けている。