講座詳細
TOP >> 講座を検索 >> 講座詳細

講座案内


コース 文化・歴史コース 講座No. KB63
講座名

後鳥羽上皇の再検討(下)

受講対象者 継続講座ですが、初めての方もご参加ください。
※大阪開講同名講座と内容が重複します。

エリア 深草 会 場 紫光館
講座回数 4 回 日 程 2018-10-29(月) ~ 2018-12-03(月)
10:45 ~ 12:15
アカデミック
ポイント
4.0 受講料
(税込)
会員:4,920円
一般:7,400円
REC会員になるには別途
年会費3,080円が必要です
 
定 員 50 名 募集状況 近日募集

お気に入り登録 お問合わせ

講座概要  後鳥羽上皇伝は佳境に入ります。まず上皇が和歌の歴史の中で、いかにその地位を高めたかを考えます。次に源実朝との出合い、交渉を、文学・政治の両側面から把えます。実朝の死は上皇を鎌倉幕府打倒の行動へと導く決定的な契機となりました。そして承久の乱の原因、実態などについて、多角的にとり上げます。最後に乱後隠岐に流された上皇の生活、その死と、怨霊が人々に恐れられた実情などを考察します。
講座日程 (1) 10月29日(月) 後鳥羽上皇と和歌
(2) 11月5日(月) 後鳥羽上皇と源実朝
(3) 11月26日(月) 承久の乱
(4) 12月3日(月) 後鳥羽上皇の怨霊
テキスト
持ち物
備考

講 師

講師画像 上横手 雅敬

ウワヨコテ マサタカ

京都大学名誉教授・元龍谷大学文学部教授

- 講師紹介 -

日本中世史 『日本中世政治史研究』『鎌倉時代政治史研究』『日本中世国家史論考』『権力と仏教の中世史』等著書多数