講座詳細
TOP >> 講座を検索 >> 講座詳細

講座案内


コース 現代社会コース 講座No. KI55
講座名

日本を救う「やさしい日本語」

- 多文化共生社会にむけた地域の共通語創出を目指して -
受講対象者 RECで学ぼうとする意欲のある方。

エリア 深草 会 場 紫光館
講座回数 5 回 日 程 2019-01-26(土) ~ 2019-02-23(土)
15:00 ~ 16:30
アカデミック
ポイント
5.0 受講料
(税込)
会員:6,150円
一般:9,250円
REC会員になるには別途
年会費3,080円が必要です
 
定 員 40 名 募集状況 近日募集

お気に入り登録 お問合わせ

講座概要  「やさしい日本語」とは、普通の日本語情報に、「人為的な加工」を施して、多くの人にとって理解しやすい情報にする取り組みです。外国人、高齢者、身体障害者といった情報弱者に必要な情報を提供し、また彼らの伝えたい情報をくみとることができるようになります。
 大規模災害の際の情報提供はもちろん、平時における自分たちコミュニケーションスタイルの見直し、外国籍住民との交流や、インバウンド観光客へのアプローチなど、様々な面での応用が、大規模なコストをかけることなく実現できる可能性を秘めています。
 「やさしい日本語」は「苦行」ではなく、「易行」です。「やさしい日本語」はやさしい日本人の心の中にあります。
 この講座で「やさしい日本語」を是非ご体験ください。

 (例)
 「避難所(ひなんじょ)」→みんなが 逃(に)げる ところ
 「炊き出し(たきだし)」→温(あたた)かい 食(た)べ物(もの)を 作(つく)って 配(くば)る
 出典:弘前大学人文学部社会言語学研究室『増補版「やさしい日本語」作成のためのガイドライン』
講座日程 (1) 1月26日(土) 「やさしい日本語」の歴史と多文化共生社会 担当:三原 龍志
(2) 2月2日(土) 「やさしい日本語」と防災 担当:近藤 正憲
(3) 2月9日(土) 「やさしい日本語」と行政サービス 担当:近藤 正憲
(4) 2月16日(土) 「やさしい日本語」と観光 担当:近藤 正憲
(5) 2月23日(土) 「やさしい日本語」と私 担当:近藤 正憲
テキスト
持ち物
備考

講 師

講師画像 三原 龍志

ミハラ リュウシ

龍谷大学文学部教授

- 講師紹介 -

専門分野:日本語教育  国際交流基金派遣専門家としてパキスタン、エジプト、タイ、大韓民国で日本語教育、非母語話者日本語教師研修等に携わる。国際交流基金日本語国際センターで非母語話者日本語教師研修、教材作成等に携わる。

講師画像 近藤 正憲

コンドウ マサノリ

龍谷大学非常勤講師

- 講師紹介 -

龍谷大学グローバル教育推進センター日本語教育担当非常勤講師。千葉大学大学院博士課程修了。これまでハンガリー、チェコ、イラン、ウズベキスタンで日本語教育に携わる。元国際交流基金日本語上級専門家。