講座詳細
TOP >> 講座を検索 >> 講座詳細

講座案内


コース 現代社会コース 講座No. KI56
講座名

人生100年時代、35歳からのキャリアをつくる

受講対象者 おおむね30歳~55歳で働いている方、もしくは現在無職だが再就職希望の方。
※2018年度前期大阪開講講座と内容が重複します。

エリア 深草 会 場 紫光館
講座回数 5 回 日 程 2019-01-26(土) ~ 2019-02-23(土)
10:45 ~ 12:15
アカデミック
ポイント
5.0 受講料
(税込)
会員:6,150円
一般:9,250円
REC会員になるには別途
年会費3,080円が必要です
 
定 員 20 名 募集状況 近日募集

お気に入り登録 お問合わせ

講座概要  AI、IoT、フィンテック、ビッグデータ…この数年、これまで耳慣れなかった言葉が毎日のようにメディアに出てきます。こうした変化の激しい時代にあって、21世紀型のキャリアとはどのようなものでしょうか。AI時代に必要とされる仕事はどのようなものでしょう。働き方はどう変化していくのでしょう。
 大学を卒業すれば学びは終わりではなく、自分の”賞味期限”をのばす「学びなおし」「学びほぐし」が必要な時代です。いったん立ち止まって自分の仕事や働き方を見直してみませんか。  
 本講座では、キャリアを形成するための理論や情報収集の仕方を学び、ワークショップなどの実践も行いながらこれからのキャリアを考えていきます。受講生自らが今後のキャリアをイメージできて、実践に移せる一助になれば幸いです。
講座日程 (1)1月26日(土) 
予測困難な時代、あなたは10年後どんな仕事をしていますか?
AIに代替される仕事、代替されない仕事とはどのようなものでしょうか?時代の変化や産業構造の変遷を考えます。 
担当:佐藤 龍子
(2)2月2日(土) 
キャリアの理論やケーススタディを学び、受講生が自らの振り返り「棚卸し」を行います。 
担当:佐藤 龍子
(3)2月9日(土) 
自らの「棚卸し」を「学びなおし」「学びほぐし」の視点から再構築してみましょう。 
担当:佐藤 龍子
(4)2月16日(土) 
新聞、ネット等を活用した情報収集の方法と自己資源の活用を考えます。 
担当:吉島 一彦
(5)2月23日(土) 
自らのキャリアをつくるために必要なことをまとめてみましょう。 
担当:佐藤 龍子
テキスト
持ち物
備考

講 師

講師画像 佐藤 龍子

サトウ リュウコ

龍谷大学農学部教授

- 講師紹介 -

専門は高等教育政策、大学教育、キャリア教育。民間企業12年、国立大学11年等。企業在職中に大学院進学。国立大で「学びなおし再チャレンジ」講座も担当。主な論文『キャリア教育が内包するFDの視点』『公立大学研究の複雑さと困難性ー公設民営大学化を例として』など

講師画像 吉島 一彦

ヨシジマ カズヒコ

大阪女学院大学国際・英語学部非常勤講師

- 講師紹介 -

慶応義塾大学法学部卒。読売新聞大阪本社科学部長、編集局次長、総務、調査研究室長兼編集委員を経て2007~14年まで神戸夙川学院大学教授。09年から大阪女学院大学非常勤講師。専門は医療ジャーナリズム、バリアフリーツーリズム論、文章読解と表現。