講座詳細
TOP >> 講座を検索 >> 講座詳細

講座案内


コース 特別講演会 講座No. L51
講座名

琵琶湖疏水建設の歴史とその意義

- 疏水と京都の130年 -
受講対象者

エリア 深草 会 場 22号館101教室
講座回数 1 回 日 程 2018-12-15(土) ~ 2018-12-15(土)
13:30 ~ 15:00
アカデミック
ポイント
0.0 受講料
(税込)
会員:無料
一般:1,850円
REC会員になるには別途
年会費3,080円が必要です
 
定 員 300 名 募集状況 近日募集

お気に入り登録 お問合わせ

講座概要  琵琶湖の水を京都市内に運んでいる琵琶湖疏水。その建設工事はおよそ130年前、明治維新で衰退の危機にあった京都の街を再生させるための大土木事業として進められました。多くの困難を伴いながらも、最新の土木技術を使うなどして完成にこぎつけます。工事における困難とその成果・意義について御紹介するとともに、完成した琵琶湖疏水を市民がどのように利用してきたのかを見ながら、130年間の京都市の歩みを振り返りたいと思います。
講座日程 2018年12月15日[土]
テキスト
持ち物 ※当日、REC会員の方は2018年度会員証、一般申込みの方は受講票をご持参ください。お忘れの場合、受付でお待ちいただくことがあります。
備考

講 師

講師画像 白川 哲夫

シラカワ テツオ

京都市上下水道局 琵琶湖疎水記念館資料研究専門員
※琵琶湖疎水記念館連絡先→075-752-2530