講座詳細
TOP >> 講座を検索 >> 講座詳細

講座案内


コース 現代社会コース 講座No. OI52
講座名

中国の都市化が生む新しい消費

- アジアの市場変化と日本企業の戦略を考える -
受講対象者 RECで学ぼうとする意欲のある方。

エリア 大阪 会 場 ヒルトンプラザウエストオフィスタワー14階
講座回数 4 回 日 程 2019-01-08(火) ~ 2019-02-19(火)
19:00 ~ 20:30
アカデミック
ポイント
4.0 受講料
(税込)
会員:4,920円
一般:7,400円
REC会員になるには別途
年会費3,080円が必要です
 
定 員 50 名 募集状況 近日募集

お気に入り登録 お問合わせ

講座概要  本講座は、中国の国内消費を概観し、新しい変化を探ります。特に都市化とインターネットメディアの普及という二つの要因に注目しながら、「ボリュームゾーン」(人口構成上最も数が多い中間層とこれから中間層に入ろうとしている階層)に属する人々の生活環境や価値観の変化を考察します。その際、インドやタイ等のアジア諸国との比較も行います。新興国の社会と人々の意識の変化が消費をどう変えているのかを理解し、今後の方向を展望するのが本講座の最終的な目標です。また中国等の新興国に進出する日本企業の事例を紹介し、今後の日本の新興国市場への対応策についても考えます。新興国においてこれまで豊かなセグメントに焦点を当ててきた多くの日本企業が、ボリュームゾーンの勃興を目の前にして、今後の方向を模索しています。豊かさと視野を劇的に広げた新しい消費者と彼等の目に映る日本および日本ブランド――という視点から、その課題への答えを探りたいと思います。
講座日程 (1) 1月8日(火) 
都市化する巨大市場―農村国家からの大転換
(2) 1月29日(火) 
市場階層による消費行動の違いー山東省での自動車とダイヤモンド消費の実証研究
(3) 2月5日(火) 
中小都市に見る国のイメージとインターネットの役割―日本の真のイメージとブランド価値
(4) 2月19日(火) 
日本企業のボリュームゾーン戦略―アジア諸国の消費変化への対応
テキスト
持ち物
備考

講 師

講師画像 大原 盛樹

オオハラ モリキ

龍谷大学経済学部准教授

- 講師紹介 -

京都大学博士(経済学)、ロンドン大学東洋アフリカ学院修士、東京外国語大学学士(中国語)。主たる研究分野は「中国を中心としたアジアの経済と産業の発展」、「アジアの企業成長」、「新興国の市場と消費者の行動」など。