講座詳細
TOP >> 講座を検索 >> 講座詳細

講座案内


コース 滋賀県連携龍谷講座 講座No. S03
講座名

シリーズ:琵琶湖とその流域に棲む生きものたち
河川が作る環境とそこに生きる昆虫たち

受講対象者

エリア 大阪 会 場 ヒルトンプラザウエストオフィスタワー14階
講座回数 1 回 日 程 2019-02-09(土) ~ 2019-02-09(土)
13:30 ~ 15:00
アカデミック
ポイント
0.0 受講料
(税込)
会員:無料
一般:無料
REC会員になるには別途
年会費3,080円が必要です
 
定 員 50 名 募集状況 ◎空きあり

お気に入り登録 お問合わせ
申込人数

講座概要  国土の3分の2が森林である日本にとって河原は重要な草地環境です。河原は河川の増水などによる攪乱によって、自然の中で安定した草地環境が維持されているため、草原性の生き物たちにとって非常に重要な環境になっています。また、河川に沿って形成された河辺林も特異な生態系を持っています。そこで、河原や河辺林に生息している昆虫を中心にお話ししながら、河川生態系や生物多様性などについて考えていきたいと思います。
講座日程 2019年2月9日[土]
テキスト
持ち物
備考 びわ湖の日 滋賀県提携龍谷講座in大阪
『琵琶湖と人の様々な関わり』
 滋賀県では条例で7月1日を「びわ湖の日」と定め、環境保全について考え実際に行動へと移していただくため、様々な事業を展開しています。この「びわ湖の日」関連事業の一環として、滋賀県と龍谷大学との連携による連続講座を開催します。
 講座では、琵琶湖にまつわる様々な切り口から、龍谷大学における最新の研究成果等を紹介します。この機会に私たちの暮らしと琵琶湖とのつながりや、琵琶湖の価値について考えてみましょう。

講 師

講師画像 太田 真人

オオタ マサト

龍谷大学里山学研究センター博士研究員