講座詳細
TOP >> 講座を検索 >> 講座詳細

講座案内


コース 仏教・こころコース 講座No. SA52
講座名

『歎異抄』に学ぶ(4)

- 異義編(第16条から後序・流罪記録) -
受講対象者 継続講座ですが、初めての方もご参加ください。

エリア 瀬田 会 場 RECホール
講座回数 6 回 日 程 2018-11-05(月) ~ 2018-12-10(月)
13:35 ~ 15:05
アカデミック
ポイント
6.0 受講料
(税込)
会員:7,380円
一般:11,100円
REC会員になるには別途
年会費3,080円が必要です
 
定 員 40 名 募集状況 募集終了

お気に入り登録 お問合わせ
WEBでの募集は終了となりました。お申し込み・キャンセル待ちについてのお問い合わせはお電話にてお願い致します。(京都:075-645-7892、滋賀:077-543-7848、東京:03-3201-2832受付時間:月~土 10:00~16:00)

講座概要  『歎異抄』を基礎から学ぶ講座です。『歎異抄』とは、親鸞聖人が亡くなられた後、教えの受け取りが異なっていくのを歎いて書かれた書物で、弟子の唯円が書いたと言われています。『歎異抄』には、心に響くたくさんの言葉が出てきます。とてもインパクトのある言葉が多く、新しい世界を開いてくれるのですが、誤解されることが多いのも事実です。この講座では、『歎異抄』を正確に読み、浄土真宗を学んでいきます。ただし、客観的に学問として学ぶのではなく、『歎異抄』(浄土真宗)を通して自分自身(人生)を見つめるという姿勢で、学んでいきたいと思っています。
講座日程 (1) 11月5日(月) 第16条に学ぶ
(2) 11月12日(月) 第17条に学ぶ
(3) 11月19日(月) 第18条に学ぶ
(4) 11月26日(月) 後序に学ぶ(1)
(5) 12月3日(月) 後序に学ぶ(2)
(6) 12月10日(月) 流罪記録に学ぶ
テキスト 梯實圓 解説 著『『歎異抄』現代語訳付き』本願寺出版社 定価 本体400円(税抜き)
持ち物 筆記用具
毎回レジュメ等を配付しますが、テキスト(『歎異抄』)や参考文献(『浄土真宗聖典』(この中に『歎異抄』もあります))があると分かりやすいと思います。重いですが、『浄土真宗聖典』をお勧めします。
備考 【参考文献】
『浄土真宗聖典(註釈版)』 本願寺出版社

講 師

講師画像 小池 秀章

コイケ ヒデアキ

龍谷大学非常勤講師

- 講師紹介 -

専門は真宗学。元京都女子中学・高等学校教諭(宗教科)。浄土真宗の教義を学ぶことがそのまま聞法となるような表現方法を研究している。著書に『高校生からの仏教入門-釈尊から親鸞聖人へ-』、『現代のことばで味わう 日めくり歎異抄』、『いのちの栞 毎日を仏法という鏡に』(いずれも本願寺出版社)などがある。