講座詳細
TOP >> 講座を検索 >> 講座詳細

講座案内


コース 仏教・こころコース 講座No. SA56
講座名

親鸞を学ぶ

- 『教行信証』をたずねて -
受講対象者 RECで学ぼうとする意欲のある方。

エリア 瀬田 会 場 RECホール
講座回数 5 回 日 程 2018-10-09(火) ~ 2018-12-11(火)
11:05 ~ 12:35
アカデミック
ポイント
5.0 受講料
(税込)
会員:6,150円
一般:9,250円
REC会員になるには別途
年会費3,080円が必要です
 
定 員 60 名 募集状況 募集終了

お気に入り登録 お問合わせ
WEBでの募集は終了となりました。お申し込み・キャンセル待ちについてのお問い合わせはお電話にてお願い致します。(京都:075-645-7892、滋賀:077-543-7848、東京:03-3201-2832受付時間:月~土 10:00~16:00)

講座概要  親鸞が、浄土真宗(阿弥陀仏の真実の教え)を体系的に顕した書、それが『顕浄土真実教行証文類』(略して『教行信証』)です。親鸞が捉えた大乗仏教の神髄が、ここに示されています。内容的には、『浄土三部経』などの経典や曇鸞・善導などの真宗七祖を中心とした諸師の論釈などの引用文と、親鸞自身の釈(御自釈)から構成されています。関東にいたころから書き始め、晩年まで何度も手を入れていた様子から、如何に親鸞がこの『教行信証』に心血を注いでいたかがうかがえます。
本講座においては、『教行信証』の御自釈を中心に読み進めながら、親鸞の仏教の神髄を探究してみたいと思います。今年度後期は、「行巻」の六字釈から始めます。
講座日程 (1) 10月9日(火) 「行巻」六字釈① -南無阿弥陀仏とは-
(2) 10月16日(火) 「行巻」六字釈② -南無阿弥陀仏とは-
(3) 11月13日(火) 「行巻」行信利益 
(4) 11月20日(火) 「行巻」両重因縁釈 -名号と光明のはたらき-
(5) 12月11日(火) 「行巻」行一念釈 -一声の称名-
テキスト
持ち物
備考

講 師

講師画像 貫名 譲

ヌキナ ユズル

大阪大谷大学教授

- 講師紹介 -

専門は親鸞思想(真宗学)。『教行信証』を中心に、親鸞の「念仏と信心」を探究しています。著書は『『教行信証』に問う』(共著・永田文昌堂)、『経験論の宗教学』(共著・杉山書店)、「親鸞の獲信過程-「破綻」と「出遇い」-」(『親鸞思想の研究』)など。