講座詳細
TOP >> 講座を検索 >> 講座詳細

講座案内


コース RECコミュニティカレッジ東京 講座No. T51
講座名

シリーズ:親鸞の心のうた「正信念仏偈」に学ぶ
~親鸞の仏教が語りかけるもの~

正信偈に学ぶ(1)

受講対象者 特に制限はありません。

エリア 東京 会 場 明治大学駿河台キャンパス リバティタワー
講座回数 1 回 日 程 2018-12-22(土) ~ 2018-12-22(土)
13:00 ~ 15:00
アカデミック
ポイント
1.3 受講料
(税込)
会員:1,720円
一般:2,590円
REC会員になるには別途
年会費3,080円が必要です
 
定 員 100 名 募集状況 近日募集

お気に入り登録 お問合わせ

講座概要  正信偈は親鸞聖人の畢生の書『教行信証』「行巻」末にある偈文です。正信偈の直前にある偈前の文を手がかりに、親鸞聖人が正信偈に込められた思いをうかがってみたいと思います。
 続いて、正信偈の最初の2句「帰命無量寿如来 南無不可思議光」の文から読み始めてまいります。
講座日程 12月22日(土)
テキスト
持ち物
備考 <シリーズ概要>
 浄土真宗の日常のお勤めとしても親しまれている「正信念仏偈」は、親鸞聖人の主著『教行信証』に示されている、七言一句の百二十句の偈(うた)です。この短い言葉に、親鸞聖人の仏教の真髄が、端的にリズム良く謳われています。
 「正信念仏偈」は親しみはありますが、その内容の読解は決して容易ではありません。
 内容を大別すれば、『仏説無量寿経』(『大経』)にもとづいて記された段落(「依経段」)と、浄土真宗七高僧の書物や教えにもとづいて記された段落(「依釈段」)に分けられます。「正信念仏偈」の文を丁寧に読みながら、ゆっくりと進めていきたいと思います。
 混迷の時代と言われる現代、さまざまな悩みや不安にとらわれている私たちに、親鸞聖人の仏教が語りかけるものは何でしょうか。親鸞聖人の出遇われた仏教の学びを通して、豊かに生きる意味について学んでいきたいと思います。

講 師

講師画像 玉木 興慈

タマキ コウジ

龍谷大学教授

- 講師紹介 -

専門分野は真宗教義学。「教行信証」を中心に、親鸞の言葉を素直に読み、真面目に問いながら、学んでいきたい。『歎異抄のことば』(本願寺出版社、2015年)、『「教行信証」に問う』(共著)、『親鸞思想における「常行大悲」の意味』(『浄土教思想の研究』所収)など。