講座詳細
TOP >> 講座を検索 >> 講座詳細

講座案内


コース RECコミュニティカレッジ東京 講座No. T53
講座名

シリーズ:親鸞の心のうた「正信念仏偈」に学ぶ
~親鸞の仏教が語りかけるもの~

正信偈に学ぶ(3)

受講対象者 特に制限はありません。

エリア 東京 会 場 明治大学駿河台キャンパス アカデミーコモン 8階308E教室
講座回数 1 回 日 程 2019-01-26(土) ~ 2019-01-26(土)
13:00 ~ 15:00
アカデミック
ポイント
1.3 受講料
(税込)
会員:1,720円
一般:2,590円
REC会員になるには別途
年会費3,080円が必要です
 
定 員 100 名 募集状況 ◎空きあり

お気に入り登録 お問合わせ
申込人数

講座概要  正信偈の内容は大きく依経段と依釈段に分けられますが、まず依経段から丁寧に読み進めたいと思います。依経段は、『大経』に依って記された段です。
 第3回は、正信偈の理解に先立って、親しんでいる讃仏偈や重誓偈にも触れながら、『大経』の特に上巻の解説をいたします。
講座日程 1月26日(土)
テキスト
持ち物
備考 <シリーズ概要>
 浄土真宗の日常のお勤めとしても親しまれている「正信念仏偈」は、親鸞聖人の主著『教行信証』に示されている、七言一句の百二十句の偈(うた)です。この短い言葉に、親鸞聖人の仏教の真髄が、端的にリズム良く謳われています。
 「正信念仏偈」は親しみはありますが、その内容の読解は決して容易ではありません。
 内容を大別すれば、『仏説無量寿経』(『大経』)にもとづいて記された段落(「依経段」)と、浄土真宗七高僧の書物や教えにもとづいて記された段落(「依釈段」)に分けられます。「正信念仏偈」の文を丁寧に読みながら、ゆっくりと進めていきたいと思います。
 混迷の時代と言われる現代、さまざまな悩みや不安にとらわれている私たちに、親鸞聖人の仏教が語りかけるものは何でしょうか。親鸞聖人の出遇われた仏教の学びを通して、豊かに生きる意味について学んでいきたいと思います。

講 師

講師画像 田中 無量

タナカ ムリョウ

武蔵野大学附属千代田高等学院教諭・元龍谷大学非常勤講師

- 講師紹介 -

専門は真宗学。主に、親鸞浄土教を教理史的に研究し、博士論文「北朝仏教における『往生論註』の思想構造の研究」で博士(文学)の学位を取得。龍谷大学仏教文化研究所客員研究員、武蔵野大学仏教文化研究所研究員、紫雲山本光寺副住職。