講座詳細
TOP >> 講座を検索 >> 講座詳細

講座案内


コース 仏教・こころコース 講座No. KA67
講座名

マスメディアで学ぶ世界の仏教

受講対象者 講座内容に興味・関心のある方、大学で学びたい方。

エリア 深草 会 場 紫光館
講座回数 5 回 日 程 2019-10-03(木) ~ 2019-12-05(木)
15:00 ~ 16:30
アカデミック
ポイント
5.0 受講料
(税込)
会員:6,300円
一般:9,450円
REC会員になるには別途
年会費3,140円が必要です
 
定 員 40 名 募集状況 募集終了

お気に入り登録 お問合わせ
WEBでの募集は終了となりました。お申し込み・キャンセル待ちについてのお問い合わせはお電話にてお願い致します。(京都:075-645-7892、滋賀:077-543-7848、東京:03-3201-2832受付時間:月~土 10:00~16:00)

講座概要  本講座では、出版・放送・映画・雑誌などの近代マスメディアの中で、日本や世界の「仏教」がどのように取り上げられているのかを取り上げ、特に大衆文化の中で捉えられた仏教の姿に焦点を当て、世界の仏教文化を学ぶ。日本だけでなく、仏教国であるミャンマーやタイ、仏教徒がマイノリティーであるアメリカやブラジルといった様々な国で製作された小説、ドキュメンタリー映画、漫画やアニメ、新聞や雑誌の一コマ漫画からコラム記事まで、様々なメディアの中で仏教が取り上げられている。マスメディアの中に投影される世界各地の仏教観、僧侶たちの生活、人々の信仰を通して、仏教に対する理解を深める講座とする。
講座日程 (1) 10月3日(木) 
アメリカン・ユーモアから仏教の思想を学ぶ
担当:那須 英勝
(2) 10月24日(木) 
新聞小説のなかの親鸞像−吉川英治から五木寛之へ
大衆作家・吉川英治と五木寛之の新聞小説から、近現代の親鸞イメージの変遷をたどります。
担当:大澤 絢子
(3) 11月7日(木) 
ミャンマーにおける僧侶の描かれ方:『ビルマの竪琴』とミャンマーの現代文学から
担当:川本 佳苗
(4) 11月21日(木) 
イメージされる宗祖たち−文学・漫画・映画 日本の宗祖たちを取り上げた文学や漫画、映画から、それぞれのイメージの形成過程とその魅力に迫ります
担当:大澤 絢子
(5) 12月5日(木) 
タイにおける僧侶の描かれ方:タイのテレビドラマ・映画・ドキュメンタリーを通じて
担当:川本 佳苗
テキスト
持ち物
備考

講 師

講師画像 那須 英勝

ナス エイショウ

龍谷大学文学部教授

- 講師紹介 -

専門は真宗学、宗教学。日本中世の思想家である親鸞の思想を、国際的、学際的な視野を持って学ぶことを志しています。またアメリカの仏教、特に浄土真宗の国際伝道について、北米地域を中心とした研究に取り組んでいます。

講師画像 大澤 絢子

オオサワ アヤコ

龍谷大学非常勤講師

- 講師紹介 -

専門は宗教学、社会学。親鸞を中心に、絵巻や文学などのメディアに表現された宗教者像から、近代日本における仏教文化の解明に取り組んでいます。監修に、『親鸞文学全集 大正編1 石丸梧平「人間親鸞」』(2017年、同朋舎新社)ほか。

講師画像 川本 佳苗

カワモト カナエ

京都大学東南アジア地域研究研究所 研究員

- 講師紹介 -

専門は仏教倫理と東南アジアの瞑想。2008年よりミャンマーの国際上座部布教大学に留学し、尼僧修行したほか、2011~2014年にタイのマハチュラロンコン大学で修士課程で学ぶなど、現地の実践を備えた仏教研究を行う。ウェブサンガで「スナンダのぶぶ漬けどうどすか?」好評連載中。