講座詳細
TOP >> 講座を検索 >> 講座詳細

講座案内


コース 文化・歴史コース 講座No. KB71
講座名

皇位継承の儀式、大嘗祭と天照大神

受講対象者 講座内容に興味・関心のある方、大学で学びたい方。

エリア 深草および学外 会 場 紫光館および京都市伏見区
講座回数 3 回 日 程 2019-11-05(火) ~ 2019-11-26(火)
13:15 ~ 14:45
第2回のみ 13:15~15:15
アカデミック
ポイント
3.3 受講料
(税込)
会員:6,380円
一般:8,520円
REC会員になるには別途
年会費3,140円が必要です
 
(拝観料を含む)
定 員 30 名 募集状況 ◎空きあり

お気に入り登録 お問合わせ
申込人数

講座概要  皇位継承の儀礼として、本年10月22日には即位礼正殿の儀が行われた後、皇居の一画に新しく御殿を建て、11月14日から15日にかけて大嘗祭が斎行されます。夜間に秘めやかに行われる大嘗祭では、天皇が天照大神にご飯やお酒をお供えになりますが、5月13日に行われた亀卜で、そのお米を栃木県と京都府で用意するように決まりました。また歴代の天皇の大嘗祭においても、現在の京都府内の色々な地域が関わって来ました。そして大嘗祭を終えられると、伊勢の神宮を御参拝になります。秘蔵の絵巻物などを披露し、大嘗祭の変遷を振り返り、また天照大神が鎮まる伊勢の神宮への御参拝の歴史についてもお話します。
講座日程 (1) 11月5日(火)
大嘗祭の歴史と変遷について-記録や発掘成果を手がかりにして―
(2) 11月12日(火)
「大嘗祭のお供え」についての講義と、「大嘗祭資料展(仮称)」の見学
集合 城南宮斎館 13:15 解散 15:15(予定) 見学地 城南宮神苑水石亭
(3) 11月26日(火)
皇位継承の儀礼と天照大神、伊勢の神宮への御参拝について
テキスト
持ち物
備考 【注意】 ○第2回11月12日(火)は学外見学です。(詳細は第1回講座時にお知らせします。)
○雨天決行につき、雨具などをご用意ください。

講 師

講師画像 鳥羽 重宏

トバ シゲヒロ

城南宮宮司・洛南保勝会会長

- 講師紹介 -

昭和40年、京都に生まれる。京都大学を卒業後、神職資格を取得し國學院大學大学院修士課程を修了、平成元年より伊勢の神宮に務める。平成7年より城南宮禰宜、13年に宮司に就任し現在に至る。著作に『天照大神と天の岩戸開き図鑑』他。また、平成29年、伏見の寺社等からなる洛南保勝会会長に就任する。