講座詳細
TOP >> 講座を検索 >> 講座詳細

講座案内


コース 文化・歴史コース 講座No. KB73
講座名

京の魅力探訪

- 京都に繋がる文化の道 -
受講対象者 講座内容に興味・関心のある方、大学で学びたい方。

エリア 深草 会 場 紫光館
講座回数 3 回 日 程 2019-11-12(火) ~ 2019-11-26(火)
15:00 ~ 16:30
アカデミック
ポイント
3.0 受講料
(税込)
会員:3,780円
一般:5,670円
REC会員になるには別途
年会費3,140円が必要です
 
定 員 30 名 募集状況 ◎空きあり

お気に入り登録 お問合わせ
申込人数

講座概要  京都のシリーズものとして続いている「京の魅力探訪」、今回は京都から海外へ、そして海外から京都へ連なるカルチュラル・ルートに学びながら、京都探求の一つのカギを見つけ出したく考えます。世界の都市の中でも京都は、ひときわ注目度の高い町で、〔古都〕〔学問の都〕〔国際都市〕〔観光都市〕〔学研都市〕〔歴史都市〕〔宗教都市〕などと形容されます。2019年度後期は、京都の内的視点と外的視点に着目した総論、京都と華人文化圏との文化交流、京都とイタリア文化との文化往還の3本立てで実施致します。今回、取り上げるエリア以外にも、京都と御縁のある都市や国家は多数あるのですが、この度は部分的ながら、京都の魅力の神髄に迫ります。
講座日程 (1) 11月12日(火) 
「京都へ連なるカルチュラル・ルート」。
京都の姉妹都市との関係や渡来人が京都に遺した足跡など、京都の内的視点と外的視点に着目して論ずる。
担当:泉 文明
(2) 11月19日(火) 
「京都と中国人、華人の繋がり~過去と現在の役割から読み解く~」。
古来より国際都市としての役割を担ってきた京都と中国人、華人の関係を考察する。
担当:于 修忠
(3) 11月26日(火) 
「京都とイタリアをつなぐもの —伝統から未来へ」。
音楽、文化、舞台芸術を通して、京都とイタリアの共通点や相違点を紐解く。
担当:森 琢麿
テキスト
持ち物
備考

講 師

講師画像 泉 文明

イズミ フミアキ

龍谷大学国際学部教授

- 講師紹介 -

博士(文学)。国際交流基金・国際協力事業団・国際文化フォーラム等を通して、日本 語と日本文化の普及に努める。また、京都府や京都市の《京ことば・京都学》に関する企画の指導とアドバイザーも務める。『京ことばとその周辺』 等著書論文多数。映画『天地明察』の京ことば指導、『舞妓はレディ』の京ことば考証等もつとめる。

講師画像 于 修忠

ウ シュウチュウ

北京料理 東華菜館 代表代行

- 講師紹介 -

在学時代は国際政治を専攻。東華菜館入社後は、山東料理(北京料理)を中心に、食文化と歴史について勉強中。

講師画像 森 琢麿

モリ タクマ

作曲家、声楽家、ボスコミュージック代表、京都オペラシアター主宰

- 講師紹介 -

築100年の京町家に住まいし、茶道等の京都の伝統文化を生活において体現しながら、それをイタリアを中心とするヨーロッパに伝える活動を行う。また『お座敷オペラ』という新しいスタイルのオペラを考案、設定や所作・衣装を江戸時代以前の日本に置き換え、京町家を中心にして公演。