講座詳細
TOP >> 講座を検索 >> 講座詳細

講座案内


コース 仏教・こころコース 講座No. KA15
講座名

仏教が社会を変える

- インド・中国・そして日本 -
受講対象者 ・仏教の歴史に興味がある方
・アジアの各地の文化に興味がある方
・仏教と社会の関係に興味がある方
・その他、なんでも勉強したい方は大歓迎です!

エリア 深草 会 場 紫光館
講座回数 4 回 日 程 2020-05-12(火) ~ 2020-06-23(火)
15:00 ~ 16:30
アカデミック
ポイント
4.0 受講料
(税込)
会員:5,040円
一般:7,560円
REC会員になるには別途
年会費3,140円が必要です
 
定 員 40 名 募集状況 募集終了

お気に入り登録 お問合わせ

講座概要  いまの我々の社会には、大きな問題が山積みとなっています。そうした社会を変える力として、もはや仏教は無力なのでしょうか。私たちは、そうではないと考えています。歴史をひもとけばあらゆる時代に、そしてさまざまな地域において、仏教は単に人々の心を救うだけでなく、社会のあり方そのものを変える大きな力となってきたからです。本講座は、社会に対するこのような問題意識を持った四名の講師達が、インド・中国・日本という異なった時代や場所を舞台として、仏教が人々や社会の根本的なあり方を変えていった経緯をわかりやすく解説します。この4回の連続講義を受講する中で、受講生の皆さんはインドから日本へと繋がる(そしてまたインドへと還る)仏教の歴史を学ぶと共に、我々自身の社会のあり方を考えるきっかけを見つけることができるかもしれません。
講座日程 (1) 5月12日(火)
古代インド社会の中の仏教-出世間と俗世間のはざまで-
担当:壬生 泰紀
(2) 5月26日(火)
中国に仏教が根づくまで-儒教倫理と仏教との衝突-
担当:内田 准心
(3) 6月9日(火)
仏教は社会を変えられるのか?-近代日本における仏教の挑戦-
担当:川元 惠史
(4) 6月23日(火)
希望としての仏教-現代インドの「改宗仏教徒」たち-
担当:舟橋 健太
テキスト
持ち物
備考

講 師

講師画像 壬生 泰紀

ミブ ヤスノリ

龍谷大学非常勤講師

- 講師紹介 -

博士(文学)。専門は仏教学。とくにインドや中央アジアにおける阿弥陀仏を主題とする経典や図像が研究対象である。論文に「〈無量寿経〉における釈尊観の変遷」(『印度学仏教学研究』65-1)、「『観無量寿経』所説の観仏思想の形成について」(『真宗研究』63)などがある。

講師画像 内田 准心

ウチダ ジュンシン

龍谷大学文学部講師

- 講師紹介 -

専門は真宗学、中国浄土教。主な論文に「曇鸞と国家―北朝仏教におけるその位置―」、「『往生論註』における総相・別相―地論宗の六相との関係から―」がある。

講師画像 川元 惠史

カワモト サトシ

龍谷大学非常勤講師

- 講師紹介 -

専門は近代真宗思想史。共著として『本願寺白熱教室』(法蔵館)がある。

講師画像 舟橋 健太

フナハシ ケンタ

龍谷大学社会学部講師

- 講師紹介 -

南アジア地域研究、文化人類学専攻。インドにて、「不可触民」、特に「改宗仏教徒」を対象に、調査研究を行っている。著書に『現代インドに生きる〈改宗仏教徒〉―新たなアイデンティティを求める「不可触民」―』(昭和堂、2014年)。





新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、2020年度前期の講座すべてを不開講とします。