講座詳細
TOP >> 講座を検索 >> 講座詳細

講座案内


コース くらしと健康コース 講座No. KH05
講座名

ルネサンス音楽と脳科学

- リュートの響きを楽しみながら -
受講対象者 音楽と脳の関係について考えてみたい方、音楽の楽しみ方を広げたい方におすすめです。なお、2017~2018年度に開講した「脳と心とルネサンス音楽―リュートの響きを楽しみながら―」と内容が一部重複します。

エリア 深草 会 場 紫光館
講座回数 3 回 日 程 2020-06-20(土) ~ 2020-07-04(土)
13:15 ~ 14:45
アカデミック
ポイント
3.0 受講料
(税込)
会員:4,150円
一般:6,040円
REC会員になるには別途
年会費3,140円が必要です
 
定 員 40 名 募集状況 募集終了

お気に入り登録 お問合わせ

講座概要  音楽を聴いたり演奏したりすることを楽しみにしている方がたくさんおられます。確かに音楽を聴くことは楽しいですし、演奏することは脳にも良いという話もあります。では、音楽を聞いたり演奏したりするときに、私たちの脳はどのようにはたらいているのでしょうか。本講座では、ルネサンス音楽に焦点をあて、リュートとその音楽について紹介しながら、脳科学などの視点から、脳と音楽の関係について考えていきます。また、関西の若手リュート奏者の小出智子さんの実演を交えて、ヨーロッパ各国のリュート音楽の響きを楽しんでいただきながら、演奏者が楽譜を読み、それを音楽として演奏していく過程を解説します。(2019年度の「ルネサンス音楽の音を探る―リュートの響きを楽しみながら―」の姉妹編ですが、内容として重複はしていません。)
講座日程 (1) 6月20日(土) 
「人間の情報処理」として、音と聞こえのしくみ、聴覚の特性などの説明を交えて、脳の機能と情報処理について解説するとともに、リュートについても紹介します。 担当:小堀 聡
(2) 6月27日(土) 
「脳での音と音楽の処理」として、音の3要素と音楽の3要素などの説明を交えて、脳での音と音楽の処理について解説します。 担当:小堀 聡
(3) 7月4日(土) 
「リュートの楽譜と演奏」として、リュート音楽の実演を交えて、演奏者がどのように楽譜を読み、演奏していくのかについて解説します。 担当:小堀 聡、小出 智子
テキスト
持ち物
備考

講 師

講師画像 小堀 聡

コボリ サトシ

龍谷大学先端理工学部教授

- 講師紹介 -

生体情報処理と認知科学の立場から、知覚と運動、記憶と学習、問題解決などに関する研究に従事。近年は、ピアノやギターの演奏を題材にして、楽器演奏における認知過程に関する研究も行っている。学生時代よりルネサンス・リュートを学び、アマチュア奏者として活動。

講師画像 小出 智子

コイデ トモコ

リュート奏者

- 講師紹介 -

同志社大学英文学科卒業後、リュートを始める。これまでに佐野健二氏、平井満美子氏、つのだたかし氏、ポール・オデット氏に学ぶ。関西を中心に、リュートソロ、通奏低音、伴奏、民族楽器との共演など、多方面で演奏活動を行っている。





2017~2018年度に開講した「脳と心とルネサンス音楽―リュートの響きを 楽しみながら―」と内容が一部重複します。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、2020年度前期の講座すべてを不開講とします。